new.gifBUFFALO ターボUSB 外付けHD 14,280> 9,256
new.gifSANYO eneloop スティックブースター 1,980 在庫あり
new.gifアウトドア:ARC'TERYX 並行輸入ならこの値段!

TOP Page
Hello! : To all Visitors from abroad (all text in English)





■右手にスカルプチャー閉鎖のお知らせ


に勝手ながら「右手にスカルプチャー」ブログは、
閉鎖させて頂きました。


ギターを通じてたくさんの出会いがあり、
ボクにとって大変貴重な時間を過ごすことができたことを
心より御礼申し上げます。



右手にスカルプチャー管理人:JOE
Jan18 2010




- - -
※最近はTwitterを通じて情報を発信しております。
もし宜しければフォローしてください。
http://twitter.com/joe_i
- - -

2007年08月07日

レパートリーが増えないなぁー

 しぶりにリアルなギター日記を書きます。

 ね、ちょっと愚痴っぽくなっちゃうかも知れないけれど、それはタイトルにも掲げているように「レパートリーが増えないんだよ〜」ってことです。(※スコアだけは増え続ける…っていう悲しさ and/or 虚しさ含む)

  
- - -


 のブログの「初めまして」のあたりに書いてあると思うけれど、ボクにとってギターは【自分が気持ちよく歌いたいがための伴奏楽器】として長い間弾いていわけです。


 で、押尾コータローやトミー・エマニュエルのような、いわゆるインストゥルメントとしてギターを弾き始めたのは、今年になってからなので、何というか・・・、歌の伴奏としてだけのギターとはぜんぜん別次元というか・・・、ありきたりのコードや奏法を覚えるだけとはまったく違う展開に、ワクワクを感じていると同時に、まだ不慣れがゆえのもどかしさも感じているんだと自己分析中なわけです。



 た、奏法的にも部分セーハなどの押さえ方や、左手小指だけをあちこち押さえなきゃいけないこととか・・・、ただでさえ、今までギターネックのハイコードエリアは禁断の領域だったボクにとって、それらをマスターするために、大ちゃん(新岡ギター教室)とこの弦高を下げるカスタマイズなどにもハマってしまい、結果、1〜2弦がビビり設定になっちゃったりと…、ギターの練習+アルファの複合ワザの展開に、自分でも収拾が付かなくなってる状態です(笑)


 方、繰り返しなことを書いちゃうかも知れないけれど、インストゥルメントというのは、当然のことながらメロディーを奏でながら伴奏があって、尚かつ、押尾コータローなどはパームアタック(リズムセクション)も加わってくるので、既にYouTubeであげている【DEPARTURE(押尾コータロー)】は、ハマると自分でも最高に楽しんだけれど、そこに至るまでの道のりが延々とボクにとって長いわけです。


 で、更に、【DEPARTURE】って曲がクセものでさーーー

 1)一弦一弦を弾くようなアルペジオの要素

 2)押尾奏法の醍醐味である
 「チャッチャ」っていうネイルアタック、

 3)指数本を使ったストローク

 4)リズムパートのパームアタック

 5)タッピング・ハーモニックス等々、



 ーーーけっこうな演奏要素を必要とするので、

 ぶっちゃけ、これだけをずーーーーーと練習していても、ボクとしては全然飽きない…っていうのが、このタイトルにもなっているレパートリーが増えない……っていう問題の原因にもなっているのも確かなのね。(いっそ、デパーチャー・ブログと改名しても良いレヴェル)



 そして、いくつか前にも書いてあるけれど、ボクの右手のツメが、スカルプチャー素材のアレルギーカブレによって、まだ本調子じゃないのも、遅々として練習が進まない原因にもなってるのも事態を深刻化させている要因のひとつね。




 あぁー、早くジャンジャガジャーン!って、思いっきり自分のツメでひきてーなー、と。



 っていうか、トミーエマニュエルや押尾コータローの両手と自分の両手を、どうにか交換できねーかなーなどと、考え始める暑さボケのオレ…っていう記事で失礼>オール

- - -
■本題:

 こーゆー【倦怠期&スランプな時期】を乗り越えるアドバイスなど、ありますかね?>みなさん


posted by JOE (石山城) at 13:18 | Comment(14) | TrackBack(1) | アコギ日記 | edit
この記事へのコメント
コンチハ!
練習大変だよな
俺もずっとキース(ストーンズ)やジミーペイジできたから弾き方がゼンゼン違ってマイッタ
でもyou tubeのアンジェリーナ観てガチンときて
トミーを好きになって 今 
トミーの曲3曲手を付けているけど
最後まで何とかいけるのは1曲だけで
この1曲に1年と数ヶ月かかってる
家族に他には弾けないの?といつも
突っ込まれてるの。

俺のコピー方法は
さらで(ギターを持たずに)最初から最後まで口ずさめるまでとことん聞いて(1曲を1日中)
それから楽譜を見て弾くことにしてる
インスト場合曲のあたまから
順番にコピーしていかないとならないから
途中でつまずくと
時間かかっちゃうよなそこを通り越さないと
次いけないから
あとjoeと同じでyou tubeのアマチュアの人の
演奏 参考にしてる
俺あれ観たときトミーを知ったときより感動したもの
(世界中にいるんだギター好きって)
だってティーチングアンジェリーナだよ!
もうサイコー!
>joe
札幌の記事でこっちのことでブログにケチが付いてしまって申し訳ない
>りーさん わざわざメールくれて励ましてくれてありがとう

Posted by 札幌から参加しました at 2007年08月07日 14:51
>札幌から参加しました(吉野) さん


 毎度!

 今は、ランチタイムも一段落してパソコンに向かってるんだね?っていう、吉野さんのライフスタイルまで、想像可能になったボクですよ(笑)


 
 で、管理者の配慮・・については、まったく気にしないでくださいよ、と。


 投稿した方も悪気があったわけではないんでしょうが、ボクもこのブログの管理者として、できるだけ気持ちの良い場を維持し続けたいので、誤解を招きかねないコメントやトラックバックを管理するのは、ボクの義務だと思ってますから^^



 ってか、既にチミは「札幌から参加しました」さんではなく、本名も、お店のリンクも、公表されてるんだから、投稿するとき、ハンドルネームは「吉野」OR「YOSHINO」、「トミー・フェチ」など、吉野さんと分かるように書いてくれると、見ているボクらは分かり易いので、次回からはそうしてくれると嬉しいぜ。

- - -

 っていうか、やっとここからが本題なんだけれど、練習アドバイス、感謝感謝!!


 ボクも一日中、耳がトミーor押尾本人になっちゃうんじゃないか?…ぐらい聴きまくってるんだけれど、どーも、自分の指が動かないことに腹が立ちまくりなんですよー。


 もはや、エアギターでは「押尾コータローを超えたプレイ」をしてるんですが(笑)
Posted by JOE at 2007年08月07日 15:13
コンニチワ 
新岡ギターさんのLINKから来ましたブラッピといいます

わたしもJOEさんとおんなじように
今年になってフツーのコード演奏から
インストギターに挑戦しはじめた
ほぼ同世代のアコギ小僧(自称)です

以前からコメントを書く機会を見計らっておりましたが
ここにコメントする方々は
JOEさんも含めてお上手な方ばかりで
遠慮してましたけど
今回の記事で異常なほど親近感を感じたので
コメントさせてもらうことにしました。
そしてわたしもJOEさんのYouTubeに影響されて
押尾さんの《約束》からコピーをはじめたものの
そこから次のステップに行けずに悩んでます

そこでぶしつけな質問で恐縮ですが
JOEさんはどーやってデパーチャーのレベルまでいっきにいけたのでしょうか?
Posted by ブラッピ at 2007年08月07日 15:47
やぁ、りー(groove・lee)です。
このテーマは難問じゃねー。
私は、ギター始めた頃かずっと耳・目コピー派です。というのは、譜面読み書き出来ない上、TAB譜もポジションの確認には見ることはあるんですが、音の長さが理解できません。(ここだけトミーと通ずる所(w) 十年程前に通信カラオケデータ製作の仕事をちょこっとやってました。その頃は耳コピしか手段が無かった上にチェッカーさんがえらく厳しく毎日泣きそうでしたが、今となっては有意義だったなと(w 今はDVDじゃなんじゃあるんで目コピが中心ではありますが、それこそ家族が「お父ちゃん、大丈夫?」と言われるくらい何遍も見ます。
ちなみにプレ王の「Windy and Warm」も耳・目コピです(w
もっとも私の実力では完全には弾ききれませんが(w
Posted by りー(仕事中) at 2007年08月07日 17:22
joeさんこんにちは。
コピーなんてまだまだ遠い話の私にとって
皆さん羨ましい限りです。
とにかく練習しなくちゃ。

ところで"woodsongs"という番組はご存知でしょうか?

アメリカのカントリーミュージックの公開番組のようですが、
そこにtommyが出演しております。
番組中、演奏中のものはyoutubeでも見かけますが
ここのアーカイブのファイルには
トーク部分もかなりあるのでなかなか楽しめます。

http://www.woodsongs.com/showlist.asp

150Mを超えるでかいファイルですが、
お暇があったらぜひどうぞ。
Show Number 289、349、428の3つがダウンロード可能
のようです。
Posted by koo at 2007年08月07日 18:17
初めまして。私も横浜へ行ってきました。生tommy
は演奏もさることながら、スーパーギタリストらしからぬ人なつこさに惹かれました。自分の演奏をものすごく楽しんでいるのが私にとっては非常に心地よいものでした。私はあくまで趣味の範囲でしかギターを弾いていませんので、少なくとも弾いてるあいだは自分が楽しみたいですね。それが練習であっても。誰が聴いている訳でもないですしね。アドバイスにはなってませんが、お互い頑張りましょう!
Posted by tencho at 2007年08月07日 21:13
joeさん、みなさんこんにちは。
いやぁ、がんばって練習してますねぇ〜。(^ ^)
ぼくは、ビートルズのブラックバードをやっとやっと弾けるようになったくらいのキャリアの長い超初心者です。「ブラックバード?あんなのだた繰り返してるだけじゃないの?」って突っ込みは無しでね。(>_<)
最近、演奏はジョージに任せていて、もっぱら裏方の音作りやメンテ中心でギターと関わってます。模型で慣れているので、弦高を下げたり、ピックアップの半田付けしたりです。なので、Tommyのクリニックの時もアンプ類が気になっていたので確認できて良かったです♪
Posted by tamara at 2007年08月07日 21:42
JOEさん、相変わらずの人気ぶりで何よりです。
私と押尾コータローとの出会いは SPLASH。こればっかり弾いていて、なんとかカッコになるのに3年はかかりました。
弾きたい曲を弾く!(できれば)弾けるようになるまで弾く!
で、よろしいかと。好きこそナントカで。私らはそれ以上もそれ以下もないッしょ。
Departureが一通り弾ければ、応用きくと思いますよ〜。

PS)
トミーの影響で、右手のツメ、思いっきり短くしてみました。
音質はかわりますが、これはこれでイケますよ。
「右手にスカルプチャー・・・なしよ」(古)でいってみては?
Posted by kazuogu at 2007年08月07日 23:31
こんばんは。volpe です。

私もkazuogu さんと同じく押尾さんの Splash に衝撃を受けてインスト(というか押尾さん)に目覚めました。

「風の詩」〜「HARD RAIN」とよくありがちなパターンから入り、「SPLASH」で壁にぶち当たりながらもとりあえず弾ききったときにはようやく押尾初級編を卒業したかなと勝手に思いましたが、実は未だに弾くたびに苦戦し発見のある曲だったりもします。JOEさんの「デパコ」のような存在ですかね。

押尾コピーを始めて4年くらい経ちますが、振り返れば年に1〜3曲とかなりのカメさんペースの進捗です。弾きたい曲は常にたくさんありますが、着手するにはそれなりの忍耐力とモチベーションが必要なので、私としてはある程度気持ちが高まる時期が来るまで無理して「弾かない」ようにしています。
とりあえず弾きたい曲をリストアップして優先度を付けてじっくり眺めてみてはいかがでしょうか。

長文しつれいしました!
Posted by volpe at 2007年08月08日 00:41
>ブラッピさん

 こんにちは、コメントありがとうございます。大ちゃん(新岡ギター教室)とこから来ていただいたのですね。感謝!!

 で、一気にデパーチャーのレベルにどうして?…という質問ですが、、

 ボクも最初、ぜんぜんネイルアタックとか彼の奏法についての情報がなかったので、なんとなくノリだけを重視してポロポロとタブ譜をみながら弾いてあせていたのですが、やっぱり「チャッチャッ」っていう、あのノリが欲しくて、しばらく中指と薬指によるアタック感を練習して、今までの演奏の中に採り入れていった……という感じです。これについては、YouTubeの練習のバージョンがいくつか入っているので参考にしてみて下さい。……といっても、今でもぜんぜんイケてないんですけどそれはつっこまないで(笑)

 これからも遠慮無く、ボクよりも本当に上手な人たちが一杯居るので、質問を書いてみてください。たぶん、りー()くんとか、吉野さんや、ほしさんなどなど…が答えてくれると思いますよ^^

 これからも宜しくです。



>りー()くん

>>私は、ギター始めた頃かずっと耳・目コピー派です。
>>ちなみにプレ王の「Windy and Warm」も耳・目コピです(w

 すげー!! やっぱりちょっと近いうちに直接場を設けて教えてくださいよ!! りーくんはボクにギターを、ボクは、その場でりーくんのブログを作ってあげます……っていう条件どうよ?(笑)


>kooさん

 既に新しい記事を書いてkooさん情報をアップしちゃってますが、あらためてこの場でも御礼申し上げます。ホントにありがとうです。

Posted by JOE at 2007年08月09日 12:44
>tencho さん

 ようこそ、はじめまして。コメントありがとうございます。

 なるほど、そーですよね。よくよく考えればボクはプロじゃないわけですし、おっしゃるように「自分が楽しむ」ことが最優先ですよねー アドバイス感謝です。これからも気軽にコメントやりとりしてもらえると嬉しいです。



>tamara (ジョージくんお父さん)さん

 こんちは! 親子でいろんなアプローチでギターに取り組めていーですねー^^ tamara父子に憧れるお父さんって、ここにもいっぱいいるんじゃないですかねー?(笑) つーか、ボクはブラックバード弾けませんが(笑)
Posted by JOE at 2007年08月09日 12:45
>kazuoguさん

 毎度です。kazuoguさんはSplashからだったんですねー。実はボクはまだ押尾ビギナーなので、チャレンジしたことがないんですけど、あれも弾けると気持ちよさそうですよねー。

>>弾きたい曲を弾く!(できれば)弾けるようになるまで弾く!で、よろしいかと。

 kazuoguさんのブログのレスでも書いて貰いましたが、まったくそのとーりですよね。うん、自分がうまく弾く気持ちよさをだけを強く求めすぎて、練習における楽しさを忘れていたかも・・・ですね。アドバイス感謝です。

>>「右手にスカルプチャー・・・なしよ」

 だっはっは!! この問題もどーしよーかなーって思ってるんですが、まぁ、しばらくはこのままでいこーかと(笑)



>volpeさん

 こんちは。volpeさんのブログのレスに嬉しいこと書いて貰って、ボクは喜びましたよ。ありがとうございます^^

 volpeさんにとってはSPLASHが押尾コータローの原点なんですね、なるほど。 なんだか、ボクと同じような原点への感想を持っていると知ってちょっと安心しました。で、やはり、押尾コータローは深いなー、、、と。

>>着手するにはそれなりの忍耐力とモチベーションが必要なので、私としてはある程度気持ちが高まる時期が来るまで無理して「弾かない」ようにしています。

 なるほど。参考になります。うん、だいぶ気が楽になりました。ありがとうございます。

Posted by JOE at 2007年08月09日 12:46
お久し振りです。

>簡単な曲から手をつける(急がば回れ)
>即やりたい曲に(煩悩のまま)

性格出ますよね。自分はどうだったか…
"戦メリ"とか"Hard Rain"とかだった気もします。
その時点でどっかオカシイですが(爆

↑"Departure"寸感のように、この2曲やっとけば、押尾奏法の殆どは出てくる…て程度の理由だったかも知れません。

結局然程モノにはならず、最近押尾コピーは遅々として進んでおりません(泣
Posted by jiRo at 2007年08月10日 15:26
>JiRoさん

 うわー、なんて力が湧くコメントなんでしょーか。癒されます。感謝感謝!!


 いやはや、ホント、性格出ます(笑)


- - -

 うまくできないだだっ子みたいでした、オレ(笑)


 まぁ、よく考えれば、皆さんが書いてくれたように、「まぁ、うまく弾くのも大事だけど、楽しもうぜ!」ってことを見失っていたのかも知れません。


 この件は、今、記事にしようかと思っていたので、しばしお待ちを。

- - -

 ってことより、ブログ見てますよ^^

 いよいよ・・・ですね(笑)

 
Posted by JOE>JiRo さん at 2007年08月10日 15:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「レパートリーが増えないなぁー」その2
Excerpt: これは前に書いた「レパートリーが増えないなぁー」の続編です。 - - - いやはや…、皆さんからのたくさんのコメントやメールでの励ましに感謝しますよ、、ホント。 初心に戻れば、皆さんのコメン..
Weblog: 右手にスカルプチャー
Tracked: 2007-08-10 16:21
PREVIOUS POSTS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。