new.gifBUFFALO ターボUSB 外付けHD 14,280> 9,256
new.gifSANYO eneloop スティックブースター 1,980 在庫あり
new.gifアウトドア:ARC'TERYX 並行輸入ならこの値段!

TOP Page
Hello! : To all Visitors from abroad (all text in English)





■右手にスカルプチャー閉鎖のお知らせ


に勝手ながら「右手にスカルプチャー」ブログは、
閉鎖させて頂きました。


ギターを通じてたくさんの出会いがあり、
ボクにとって大変貴重な時間を過ごすことができたことを
心より御礼申し上げます。



右手にスカルプチャー管理人:JOE
Jan18 2010




- - -
※最近はTwitterを通じて情報を発信しております。
もし宜しければフォローしてください。
http://twitter.com/joe_i
- - -

2007年08月01日

「Tommy Emmanuel / Angelina」をコピーしようと思っている方に朗報(加筆あり)

 ニを隠そう、ボクがトミーの曲を知ったのは、この「アンジェリーナ(Angelina)」で、実はまだそんなに昔ではない…っていうか、今年に入ってからだ……というほど、ボクはトミー・ビギナーである。

 しかしながら、この曲を最初にYouTubeで聞いたときには、『ナンなんだこれは!』っていうぐらいの衝撃を受けたのなんのって…。


 で、ご存じのように、このトミー・シンドローム and/or トミー・フィーバーの状態に突入しているわけだけれど、でもさ、自分でこのアンジェリーナを弾いてみようとスコアをAmazonで入手しても、なんだか今までの奏法と勝手が違うっていうか、シンプルにボクがヘタレだってこともあって、どうもうまく弾けず苦悩する日々を過ごしている。

 こで、YouTube上で、テクニック・アドバイス・ムービーを披露している人を見つけたので、さっそくダウンロードしてボクのiTunesに保存した。これで、なんとか弾けそうな気がしてきたのでご紹介。詳細は以下。- - -

■Teaching Angelina




■Tommy Emmanuel / Angelina




■英国の少年:Pkw101 / Angelina



※正直、彼のプレイを見てると凹みます(笑)が、参考になるのでリンクを貼らせてもらいますね^^


- - -

 てさて…、YouTubeもあれこれと著作権にまつわる事情により削除対象が広まっているので、早いところこのトミーのデータも落としておいた方が良いよね・・・・と個人的には思うのだけけれど、「おぉ、そうか…」と思われる方は、「YouTube」「ダウンロード」などという検索で調べれば、それらしいソフトが見つかります。



- - -
■おまけ:ボクのYouTubeも見てみる?(笑)

 
 http://www.youtube.com/ishiyamania


- - -

■(08/01/2007 追記、ここからはじまる…


 ミーのような【フラットピック&フィンガー奏法】に苦戦していると、これまた勝手に大親友だと思っている【押尾なアコギおやじ2】のkazuoguさんのブログにも書いてあったんですが、実はボクは、フラットピックは使わずに、むしろ【フィンガー】のみ、もしくは、今はツメがスカルプでトラブった後遺症でまだ短いので【サムピック&フィンガー】で弾いています。


 で、とても参考になるのが、YouTube仲間であるwolfgangこと、VreciさんのAngelina。


 はガットギターを使ってるんですが、これまた何を弾いてもウマいし、コメントを返すのもマメで早いし、ダンディーな男でオススメです(笑)


■VreciさんのAngelina



- - -

■あとがき:

※ちと本業でバタバタしがちで、コメントのレスが遅れがちです。すいません>オール 

 コメントが入るとPHSにダイレクトでお知らせメールが届くので、リアルタイムではチェックしているのですが、なかなか…。

 例のトミー以来、いただいたたくさんのメールには、(漏れがあるかも知れませんが…)ほとんど返信は出せたと思います。いつもたくさんの励ましを含めたメールに感謝しています。ありがとうございます!!




posted by JOE (石山城) at 09:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | アコギ日記 | edit
この記事へのコメント
ほぼ「パーソナル・コミュニケーション」になってますが(笑)
ありがとうございます。こりゃ助かります(笑)。
押尾コータローの、計算されたスコアに忠実に弾いて行くのとは異なり、コード+メロディ+アドリブなアプローチなんでしょうか。・・・というのはまだ読みが浅いでしょうか。
ま、これは気長にやりますワ。
Posted by kazuogu at 2007年07月29日 21:08
始めまして。
私も先日のblitzに行きまして、その後石山さんのブログを拝見しておりました。

くだんの動画は、ちょうど一年くらい前でしょうか、私もそれを見てぶっ飛んだ口です。
このテイクはサウンド、パフォーマンスともに素晴らしすぎて、ひょっとするとEdnlessに入っているものよりも良いのでは、と今でも思っています。

演奏について私が感じたことを何点か。
押さえ方とかそういうこととは違うんですが。
ほぼ全小節がシンコペーション、いわゆる突っ込んでるので、その感じをうまく出せるかどうかがポイントみたいです。
Aメロのアクセントは、8のストロークを刻むようなつもりで(あくまでつもりですが)やるとグルーブ感が出るようです。
あと、小指を使ったスライド・トリルがたくさんあるので、これはトミーの格言どおり練習あるのみでしょうか(笑

Posted by kit at 2007年07月29日 23:08
>kazuoguさん

>>ほぼ「パーソナル・コミュニケーション」になってますが(笑)


まぁ、そういうのもアリです(笑)

で、本日、加筆分としてフィンガー奏法オンリーのYouTube情報を貼っておきました。


ボクはこっち派でチャレンジ中です。
Posted by 石山、あらためJOE@管理人>kazuoguさん at 2007年08月01日 17:57
>kitさん

ようこそ、いらっしゃいませませ。
そして、今までも見ていてもらっていたようで嬉しい限りです。


さてさて、奏法についてのアドバイス、うれしいですね。


そして、YouTubeのあのテイクですが、ボクもCD版よりも好きだったりしますが、やはり、音のクオリティ的にはやっぱりCDかなーっと(笑)

(でも、間違いなく「SINCE WE MET」はONEのCDよりも、YouTubeバージョンの方がカッコイイですよね)


これからも、どうぞ気軽にコメントを残して貰えると嬉しいです。宜しくです。

Posted by 石山、あらためJOE@管理人>kitさん at 2007年08月01日 18:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
PREVIOUS POSTS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。