new.gifBUFFALO ターボUSB 外付けHD 14,280> 9,256
new.gifSANYO eneloop スティックブースター 1,980 在庫あり
new.gifアウトドア:ARC'TERYX 並行輸入ならこの値段!

TOP Page
Hello! : To all Visitors from abroad (all text in English)





■右手にスカルプチャー閉鎖のお知らせ


に勝手ながら「右手にスカルプチャー」ブログは、
閉鎖させて頂きました。


ギターを通じてたくさんの出会いがあり、
ボクにとって大変貴重な時間を過ごすことができたことを
心より御礼申し上げます。



右手にスカルプチャー管理人:JOE
Jan18 2010




- - -
※最近はTwitterを通じて情報を発信しております。
もし宜しければフォローしてください。
http://twitter.com/joe_i
- - -

2008年09月21日

『約25年ぶりに人前で弾き語りしてみたんだ 2』…の巻

 すがにBOM(b)ちゃんのところでYouTubeにアップされてしまった…ということで、一応、こっちでも一回ぐらいだけなら歌入り動画をアップしても良いんじゃないか?…という気持ちになったので、取り急ぎ記事にします。

 んとなく、自分史の1ページにこんなのもあっても良いんじゃないかと(笑)はは…。





■『約25年ぶりに人前で弾き語りしちゃったよ』



 ※曲紹介:

 1曲目は、浜田省吾の『愛しい人へ』です。
 
 これは、何を演奏して良いのやらまったく思い浮かばなかったので、しかも、場所柄、やっぱり弾き語りがベターではないか?という判断のもと、一番気持ちの込めやすいこの曲をチョイスした、という理由によります。

 あと、この店に意外にも浜田省吾のスコアが充実していた…ってことが大きいんだけれど(笑)


 2曲目は、長渕剛の『夏祭り』です。

 これは、演奏前に『うちは長渕をやる人が少ないんですよ』という情報を得ていたので、じゃせっかくなら…ということで『なにかありますか?』とその場で聞いたらリクエストがちょうど仕込みのようにあったので(笑)やらせてもらいました。

 まぁ、長渕コピー野郎には必須の定番中の定番ですな(笑)





■あとがき:


 んか自分で言うのも今となっては不思議な感覚なんですが、ボクはこの1年、ずーっと押尾コータロー漬けでネイルアタックやらストロークをコピーし続けてきて、ここ最近になってやっと自分でも納得のいく音を出せるようになったかな〜というレベルではあるんですが、今回、かつて弾きまくったこれら2曲をぶっつけ本番で弾いてみて、ところどころに(多少の意識はあったものの…)自然にネイルアタックやらタッピングが入っちゃってることに我ながら驚いてたりします(笑)


 いうのも、普段から『エリッククラプトンがネイルアタックをしたらどうなるか?』とか、『長渕ナンバーをアレンジしたらどうなる?』なんていう遊びを自然にしていたのが功を奏した…というか(笑)、今後、こういう方向性でいろいろ遊んでいくのも、ボクなりのアコギになっていって面白いんじゃないかって思っています。


 

  と、これはいつもBOM(b)ちゃんとも話していることなんだけれども、『ボクらは押尾コータローになりたいわけじゃないんだよね、押尾コータローのナンバーやテクニックはスゴイって思うし、完全コピーしてやろうって思って練習するんだけれど、ボクらが目指すところは、それを超えた…、自分色に染めた…、自分のソウルを感じるような…、演奏なんだよね』っていう価値観に尽きるんじゃないかって思うんです。


 ぁ、そのへんがボクの目指すところであって、自分が狙って思ったとおりの音を自分のギターから奏でる楽しさっていうのか、、、、なんか、偉そうだけれど、そういうギターライフを自分なりに追求していきたいなーと。



 で、欲を言えば、『押尾コータローのDEPARTUREも好きだけれど、JOEくんの弾くDEPARTUREもいいよね〜』って言われるぐらい自分のものにしたい……と、あくまでも志は高く置いておきたいな、と(笑)



- - -
■参考記事リンク

 ・紹介してくれたBOM(b)ちゃんのブログ記事

 ・『約25年ぶりに人前で弾き語りしてみたんだ』…の巻(9/13/2008)

 
posted by JOE (石山城) at 22:17 | Comment(8) | TrackBack(0) | Me on YouTube !? | edit
この記事へのコメント
過去のJOEさんと今のJOEさんが融合しているような気がします。
突き詰めてしまえばその人のオリジナルって事かもしれませんが、コピーでもアレンジでもその人のスピリッツが込められるんじゃないかな・・
アコギやっててよかったな〜って思えるようになりたいですね。
Posted by tencho at 2008年09月22日 09:56
おはようございます。
今回の2曲は、聞いてて涙が出ましたわ。
JOEさんの人生ちゅうーか、年輪というか・・感じました。
ギター弾きの演奏は良かれ悪しかれ(笑)人間性出ますよね。

皆さんの演奏やギターに対するスタンスを勉強できるのはこれ貴重なことだと思います。パックマンな右手の動き以上に
そういうのが得られたのは収穫です。

押尾さんのコピーもままならない私にとって「自分色の演奏」にはまだまだ遠い道のりです。それをテクニックが向上しないことへの言い訳にもしたくないし、しばらくはこのままやっていこうと思います。

ここにはJOEさんはじめ「ギターテクも、人間的にも」ナイスなお手本がたくさんいらっしゃいますので心強いですよ。

PS、
渋谷オフ会での動画のデパ子、
、さわりの部分ですが決まっていましたよね〜パックマンな右手、姉さまも真似してたしね〜







Posted by ほし at 2008年09月22日 12:37
こ、これは、長渕が見たら悔しがるっしょ

素晴らしい♪
Posted by Mook at 2008年09月22日 21:04
tenchoさんの
>過去のJOEさんと今のJOEさんが融合しているような気がします。
うんうん、そんな感じかも。

学生時代夢中になってたアーティストとブランク後に取り組んだ
音楽とが混ざる感覚は自然発生的なオリジナリティなんでしょう。
無理やり誰もやってないものを編み出すなんてむちゃくちゃやら
ない限りそうは出来ないですよね。

なんか、オリジナリティの生まれ方が分かった気がしました♪
Posted by tamara at 2008年09月22日 23:37
JOEさんに激しく同感!

みんな押尾コータローが大好きで、日々練習に明け暮れて(?)いるワケですが、それは自分が演奏したり表現したりするモノとイコールではない、ですよね。
でも、押尾曲に出会ったことで、演奏の幅がすごく広がって、面白くなる・・・
そして、そんな出会いが多い程、のめり込みが深い程、音楽の幅が広く、深くなるワケですね、アニ〜!

JOEさんの人生そのもの!?
Posted by kazuogu at 2008年09月22日 23:49
初めてiPhoneからコメントドロップ。

>All

皆さん、こんなレスが入ったら嬉しいな〜って思っていた反響が、いや、、、それ以上のコメントをいただけてとても嬉しいです。ありがとうございます。

あまりにも嬉しかったので、appleStoreで、また余計な買い物しちゃいました。笑

お楽しみに!

Posted by JOE at 2008年09月23日 04:12
たしかに管理人の人生観とダブって見えますなー

本題…たまには遊んで
Posted by もすら at 2008年09月23日 16:41
JOEさん、うまいッ!ステキっ!
それに、ギター、押尾ってるし・・・。
JOEさんのものになってる『愛しい人』へですね。
意外な一面を垣間見ることができる貴重な映像ですね。
ボンちゃんに感謝です!(笑)



Posted by maanee at 2008年09月24日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
PREVIOUS POSTS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。